1FINGERのメンバー紹介とKTMUSIC収録秘話

@

 

 

ケツメイシの説明はいらないですか?

いやいや大分見た目変わったから一応説明しとくと下段にいるのがケツメイシで、左からもう42になるRYOさんに大蔵、RYOJI、DJ KOHNOとなっています。

 

オッサン化が止まらない兄さん達ですが、いよいよ後継者を残そうとしているのか、KTMUSICを発売し、メジャーデビューとなったのが1FINGERです(^O^)

 

スポンサーリンク

1FINGERのメンバー紹介

 

 

かんっぜんにオッサンになってしまったケツメイシもまだまだアルバムを出し続けてますが、3代目ケツメイシとして1FINGERをプロデュースして後輩を盛り上げています!

 

一緒に出したミニアルバムKTMusicはケツメイシと合わせた12人で構成されていますがケツメイシを抜いた8人が『1FINGERとして活動スタートします。

 

その1FINGERのメンバー紹介をしたいと思いますが、今回はざっくりと顔と名前を覚えて頂けたらと思います!

 

 

ワンフィンガー メンバー

メンバーは男性6名、女性2名で構成されています。なんと1500名の中から選ばれた戦士達ですね!

左1にいるのがボーカルのTaKu(タク)。埼玉出身で12月7日生まれ。趣味は釣りや旅行や料理。特技は野球、ボーリング。

左2にいるのがMC&ボーカルのJ-CROWN(ジェイクラウン)。東京都出身で1月25日生まれ。ダンス、ヒューマンビートボックス、料理が得意。

左3にいるのがMCのIMANISHI(イマニシ)。大阪府出身で12月26日生まれ。釣りや人間観察が好き。

左4にいるのがMC&ボーカルのイリナ。北海道出身で12月12日生まれ。読書が好き。

左5にいるのがMC&ボーカルのneco.(ネコ)。神奈川県出身の2月24日生まれ。音楽、旅行、ファッション、美容、お酒と色々好きみたい。

左6にいるのがMC&ボーカルの大志(たいし)。宮崎県出身で1月15日生まれ。食べること寝ることが好きで、妄想やハンドボールが得意。

左7にいるのがMCのCha-ka(チャーカ)。愛媛県出身で4月21日生まれ。人の夢を聞くことが好きで、HIPHOPを歌うのが得意。

左8にいるのがMC&ボーカルのTOSHI(トシ)。静岡県出身の10月16日生まれ。ドライブ、バスケ、食べて寝る事が好き。

 

 

 

彼ら1FINGERの1発目の曲がコチラ↓

 

change the world
更に公式サイトからでも全曲視聴できます(^O^)

 

PCからは こちら
スマホからは こちら

 

 

1FINGERの由来

 

 

1つの指と訳せますが、その名の通りナンバー1、1つになる、またDJ KOHNOが提唱しているお酒の席の乾杯ルールからきているみたいです。

 

主にHIPHOP、R&Bをベースに次世代のポップミュージックを探求するグループ。もともと別々に活動していたシンガー、ラッパー、ソングライターといった個性的なメンバーをケツメイシが厳選した。

スポンサーリンク

 

基本的にはケツメイシがプロデュースしながら活動していくと思われます。

 

 

KTMUSICの収録秘話

 

 

一番焦ったというのがIMANISHI。レコーディング当日までプラプラしてたのか、思ってた以上に自分が歌詞を覚えられていないのに気づき大慌てだったそうです。RYOJIからは冷たい視線を送られ、目が合わせられなかったそうです(笑)

目をつけられたのか「お前、歌ヘタなんだから開き直って歌っちまえ。この歌はそんなうまく歌う歌じゃないから、お前みたいなのがちょうどいいんだよ」って歌が下手って事にまってる自分にショックだったと言います(笑)

 

 

またneco.もガチガチに緊張していたらしいです。neco.は音楽活動をしてきてはいたが本格的なレコーディングというのはやった事がなくて緊張しっぱなしだったみたい。

RYOJIからは「いつもカラオケで歌ってる時みたく歌え」ってアドバイスを受けたみたいですが、緊張のあまり汗ダラダラでレコーディングの記憶が残ってないそうです(笑)

 

 

大志もRYOJIに「ここは黒人っぽく歌って」とアドバイスされ、緊張して足が震えちゃってたそうです。やっぱRYOJIは普段ポテチばっか食べてそうですけど音楽に関してはうるさそうですね。

 

 

J-CROWNは前もってどういう風に歌おうかイメージして望んだみたいですが、「それが正解なのか?もっと大げさに大げさに」って言われ、自分でも振り切りすぎてどんな声になってるか分からない声で歌ったら「それだよそれ」って言われたみたいです。

録り終わった声を聞いてみると「なるほど」と、自分で出せていなかった部分を出してもらった感覚だったそうです。

 

 

今回ラップも歌ったイリナはアリシア・キーズとMISIAが大好きでずっと歌だけ歌っていたので音楽の入りはクラシックだったみたいです。母親がピアノの先生をやっていたのでその影響みたい。

 

 

HIPHOPが得意なCha-kaは低音のラップがカッコイイですが、RYOJIに「もっと可愛くラップして」って言われて精一杯可愛くラップしたら「ごめん、変なこと言って」と微妙だったのかショックだったそうです(笑)

 

 

いつもの店で・・・という曲はケツメイシと初めて一緒に作った曲で、凄くテンション上がったというTOSHI。みんな絶対この曲に関わりたいと必死だったそうです。

ケツメイシさんを超えることが恩返しになると思うのでそれを目指して頑張ると意気込んでいます。

 

 

僕が見た1FINGERの印象

 

 

ケツメイシが大・大・大好きな僕でもぶっちゃけCDは買ったけどあんまり1FINGERの曲をジックリ聞いていないので、特に男性陣は誰がどんな声なのか把握できてません(^_^;)

 

なんとなく、こうやって1FINGERを出すんだったらもっとメディア(テレビなど)を使ってたっぷり宣伝してあげても良かったのかと。。

ポッと出てきた感が強すぎて、ケツメ離れをし始めた昔からのケツメイシファンの人にこの人達知ってる?と聞くと大抵知らないと答えます。

 

もっとしっかりCMしてドン!と登場させてほしかったですね。

 

 

それに3代目ケツメイシというけど全く別物。別物感が強すぎて聴く気になれないというのもあるかもです(;´д`)

だってメンバー増えすぎだし、ケツメイシはシンガーが3人で1人1人良い味出してたから売れたんであって、1FINGERのように1曲の中でちょっとしか歌う所ないし覚えづらいです・・IMANISHIなんてRYOJIにお前歌下手なんだから開き直って歌え!って言われてます(笑)

 

 

と、いきなりメンバー批評しちゃいましたが、KTMUSICを聞いていると、To Love Youのゆ~ら、ゆ~らっていうサビ聞き入っちゃうし、時代って曲は俺達の時代が始まるって感じでカッコイイし、さくらほどじゃないにしてもヒット曲が生まれておかしくない実力はきっとあると思うからがんばってほしいですね!

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ