ケツメイシ エマージェンシーの意味や歌詞の内容

ケツメのライブやケツノポリス9を聴いたことある人、また店頭などで歌はケツメイシっぽいんだけどなにこのエマージェンシーエマージェンシー言ってる曲~て思った方に意味や歌詞の内容を紹介します!

どーせうなぎでしょ?と思われた方!安心してください!実は違いますよ!

スポンサーリンク

 

EMERGENCYの意味

 

 

エマージェンシーとは非常事態や緊急事態などを意味していて、ケツメイシはサビで「エマージェンシー」と連呼しているのはヤバーイ!ヤバーイ!と言ってるんですね^^

 

 

曲の冒頭から歌詞がとても怪しく2015ライブツアー1曲目でもこのEMERGENCYだったんですがケツノポリス9を聞かずにライブに来た方は最後の最後までク〇リかなにかのヤバイ歌だと思われたでしょう。

 

 

しかしケツメらしい遊び心ある歌なんですよ!

 

 

怪しいサウンドに怪しいリリック

 

 

サウンドもなにか迫ってくるような緊張感漂う歌ですが歌詞を聞いてもそれっぽく感じさせますよね。

 

RYOJIがキレの良いラップで甘い罠、ちょっとくらい平気、震える、衝動、我慢を重ねてあ~~と言う表現でいかにもそれらしい歌詞が入ってきます。

スポンサーリンク

 

 

お次はRYOですが、しばらくやってない、禁断症状などあぶってよし嗅いでよしと更に怪しさを増しますね。

 

 

最後は大蔵。やめられないやめられない連呼します(笑)

合間のサビのエマージェンシーでも一見この曲はヤバイ曲だー!と思わされます。

 

しかし最後の大蔵のリリックで一気に笑いに変えてくれます。

 

大蔵がそれは「うな~ぎ、うな~ぎ」と言ってネタばらし。鰻について歌った曲だったんですね(笑)

 

 

最後はエマージェンシーエマージェンシーでなくうな~ぎうな~ぎとしっかり歌って終わります。

 

 

 

この曲が生まれた理由

 

 

で、勘違いされやすいのが鰻イコールEMERGENCYと思われるかもしれませんが鰻は英語でEelと呼ぶそうなので違いますね。

 

もうなんとなくお分かりかと思いますがケツメイシが鰻の食べたさのあまり一気に作り上げてしまった曲らしいんですね(^O^)

 

鰻が食べたい!緊急事態だ!

みたいなノリをエマージェンシーで表現したみたいな感じです♪

 

 

ケツメイシがサビを歌う度にうなぎへの衝動を抑えられないみたいなイメージを思い浮かべてもらえばOKですね!

この曲をライブ1曲目で披露したのはライブがやりたい衝動とかけたのかもしれないですね♪

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ