スポンサーリンク

ケツノポリス11の14曲目、旅に出よういいですよね(^^)

聴けば聴くほどあったかい曲だなと感じています。

さて、みなさん記事タイにある「いとしのムーコ」って漫画、ご存知です?

僕は知らなかったのですが、めばえとかげんきとか小学1年生などについてくる“付録DVD”があるじゃないですか?プリキュアとかここたまとかトーマスアンパンマンキティちゃん色んな作品の1~2話分がまとめて収録されてるDVDなんですが、あれでいとしのムーコを知りました!

このいとしのムーコという作品が妙にツボで家族みんなハマってアマゾンでDVD2巻まで買っちゃいました笑

今回ケツメイシの旅に出ようがムーコにハマってるっていうのもありますが、聴けば聴くほどムーコが頭に浮かんでくるので、歌詞と作品を照らし合わせながら紹介していきたいと思います♪

まるでいとしのムーコ!!ケツメイシ旅に出ようの歌詞は愛犬を想うとイイ!!

旅に出ようはいとしのムーコを想像しちゃう

♪旅に出ようはドッグフードモグワンのCM曲として起用された曲なので、歌詞も愛犬や動物をイメージして作られた部分があると思うのですが、ムーコ(愛犬)を想像しながら聴くとすごくイイ曲に変わるんですよ!

曲って自分のなかで響いて自分のなかでしか分からない世界感で曲になるじゃないですか?

僕の場合は旅に出よう=いとしのムーコがそれだったんです(^^)

だから曲を聴いて自分のなかでイメージできた曲っていろいろなパワーに変わると思うので大切にしてほしいです。(前向きになれたり、その時の記憶として残ったり)

話をもどしてケツメイシの旅に出ようはいとしのムーコを見たあとだと凄くカワイイ曲に感じるんですよね。それをなんとな~く伝えたいので記事にしました笑

いとしのムーコはこんな作品

ムーコは女の子で愛する小松さんが飼っている常にハイテンションの愛犬。

物語ではムーコ目線、人間目線でセリフが切り替わる作品になっています。人間目線の場面ではムーコが「ガウガウ!」と言ってるのでセリフは聞けない感じです。

ムーコはとにかく主人の小松さん(ガラス職人で常にタオル巻いてる)が大好きでいつも愛嬌たっぷりでデレデレで、怒られても散歩に行くとルンルンになっちゃいます♪

この次回予告を見ればわかるのですがアニメの世界観というかムーコのキャラ設定が好きです。

小松さんのことがとにかく好きで、いつも小松さんの気を引きたくてアクションしてるムーコ。

純粋なので人がする何気ない仕草や動きに過敏に反応しちゃうところや、人間目線で見ておもしろい動きをするムーコにツボっちゃうんです。

毎回のように出て来る食いしん坊のうしこうという小松さんのトモダチもムーコをからかったりからかわれたりしていて、ムーコを取り囲むまわりのキャラ設定も面白いんです。

作品を見てもらわないとピンときにくいと思うのですが、要はいとしのムーコは主人の小松さんが大好きすぎる作品ですね。

スポンサーリンク

ムーコを踏まえて旅に出ようの歌詞を見ると

愛犬と散歩することをイメージするとすごくシックリくる大蔵パートの歌詞。

ムーコにとって冒険の始まりって感じのスタートですね。

♪旅に出ようはとにかくサビの歌詞が優しくて、ムーコ(愛犬)の毎日の感情を歌詞にしたような「さあ!散歩に出かけよう」みたいな歌詞だなあと僕は感じました。

さすがドッグフードのCMに起用されただけあります!

思えば思うほどそう見えてくるのでこの曲が流れれば僕は毎回ムーコを思い浮かべると思います。

 

RYOさんのパートの歌詞でも毎日旅(散歩)に出かける風景が浮かびます。

だんだんとこの曲の物語は愛犬と二人きりの生活をしてる年配の方がテーマで作ったのかなと思ったり。

いろいろどんなテーマ性をもった曲で作られたのか考えるのも楽しいですよね(^^)

大サビのRYOJIの最後の部分では歌詞がムーコやん!ってイメージを決定づけた部分です。

ダーリン♪という歌詞が出たということは、女性の気持ちを描いた曲なのだなと分かります。それが人間なのか動物なのかはその人の人生や考え方で変わるでしょう。それが音楽の面白いトコです。

今回はケツメイシの旅に出よう=いとしのムーコという設定関係が僕のなかでハマりすぎて1記事を作ってしまいました。あまりにイメージに合っちゃったんで。

旅に出ようでそういう感じ方をしたけてぃえむでした^^