スポンサーリンク

あのワンピース主題歌にケツメイシ!!君のもとへ視聴感想!

ケツメイシファン、ワンピースファンにとって嬉しすぎるニュースはPS4ゲームソフト『ONE PIECE WORLD SEEKER』の主題歌にケツメイシの新曲『君のもとへ』が大抜擢されることになりました!!

さっそくユーチューブで公開されてるオープニングムービーを視聴してきたんですが、かなり最高でした!また2/27より配信されるようでダウンロード可能となっています。2/27に250円でダウンロードして聴いたのでフル視聴した感想追記してます!

RYOさん大蔵の歌い方も新しい感じがしたし名曲が誕生した気がします。さっそく感想のほうお届けさせていただきます。

 

君のもとへ感想

RYOJIサビでスタートするムービー。ルフィの麦わらぼうしが見えた時は冒険が始まる感がめちゃくちゃ伝わってきます。

「君のもとへ飛んでいくよ」という歌詞にあわせルフィが飛び込んでいく姿がいい!

そしてRYOさんのどこか気だるそうな歌いだしがまたカッコいい!ワンピースのアクションゲームにピッタリなリリックと歌い方が合い過ぎてびっくり。めっちゃ合ってて思わずにやけるほど。

そして大さんも最近にしては早めの歌い方で疾走感をだしています。ファンモンとコラボしたライジングサンを彷彿とさせるような歌い方ですね。

そしてRYOJIサビで分かる『冒険』をテーマにした飛んでいくよ、いっしょに冒険をして色々な苦難を越えていこうぜ!みたいな曲というのがビンビン伝わってきます。

ここからフル視聴した感想

フルバージョンをダウンロードしても始めはこの動画とまったく同じ構成でした。

2番からは大蔵からのスタート。なんだか歌詞を聴いていてもルフィの顔や性格が浮かびあがってくるので不思議です。さまざまな困難がありつつも勇気をもって突き進めといったようなワンピースらしいリリックになっていてケツメイシらしくもありワンピースらしさもあるから凄く好き。

ルフィと言えばゴムゴムの実の能力者でロギア系とかと対戦したらふつう不利となる状況でも自分を助けてくれる仲間、友人がサポートしてくれて最後には倒してしまう海賊のなかで一番大切な資質の持ち主と言われています。まさにそれを象徴するようなRYOJIの大サビはよかった。

これを例えるケツメイシの歌詞も逸品すぎますよね!

そして最後のサビは2パターンあり、ユーチューブの動画とは違う歌詞で歌いあげます。

ハッキリ言ってこの曲はしばらくハマることマチガイなしですね笑

それほど最高にワクワク感、興奮を覚える曲で久しぶりに速攻で覚えようと思う曲でした!

 

ワンピースといえば仲間で、仲間、気の合う連中とともにどんな苦難逆境も乗り越え、待ち受けるありえないほど強い敵も次々と倒し、仲間と宴を開き喜びを分かち合う漫画ですが、ケツメイシらしい分かりやすい歌詞と気持ちのいいラップ、ど真ん中ストレートなサビがマッチしていて最高だなと感じました!

正直ここまでハマるとは思わなかったのでかなり嬉しいです(^^)

スポンサーリンク

シングル発売?配信のみ?

最近のケツメイシの楽曲では配信のみという曲は2011年にファンモンとコラボしたライジングサンくらいだと思います。

配信限定で3.11東北地震の復興目的でファンモンと一緒に作ったケツメイシ×ファンモンコラボ曲ライジングサンはどんな曲?にライジングサンについては詳しく書いてます。

CDを出さず配信のみという風潮に音楽業界がなっていくのかどうか分かりませんが、CDはいずれ時代遅れになっていくとは思います。ほとんどが配信やダウンロードで済ませて携帯しやすい形態になっていくでしょう。

なのでこのくらいのタイミングで配信限定楽曲としてリリースすることもあるかもしれませんね。あくまで考察ですが・・

2/27追記

2/27にダウンロードしたと同時にケツメイシのメルマガで会場限定シングル『お調子者で行こう/真っ赤な情熱』の発表がありました。

このカップリングとしても君のもとへは入っておらず完全ダウンロード版の可能性は高まりました。

ただケツノポリス11でもタイアップした曲はすべてアルバムに収録されていたのでもしかしたらケツノポリス12に収録される可能性はありそうです。

1FINGERが解散してしまったのでコラボアルバムの可能性も無くなりましたしね・・下手したらライジングサンみたいな扱いの一曲になったかもしれないですね。

 

個人的には車に音楽を録音させるのにCDはラクなのですが、そのうちカーナビも進化してアカウントを共有して楽曲のダウンロードができるようになるかもですし、そうなると僕もさすがにCDは買わなくなると思います。

いつかCDは過去の話になる時が来るのでしょうかね(;^_^A

1fingerとのミニアルバムの1曲として収録されることもありましたが、たぶんそれは無いと思うのでシングルが近々出るんじゃないかなあとは思ってます。