ケツメイシがパクリや、乗っかっちゃったシーンを紹介!

スポンサーリンク

40を超えてなおラップ&ボーカルスタイルで突き進むケツメイシ。

心に響く歌詞で共感できる音楽性に変化がないことはファンにとって一番うれしいですよね。

そんなケツメイシですが、意外と多いパクっちゃったものや乗っかっちゃったシーンを紹介していきたいと思います。

主にはジャケ写や曲名が多いです。

ケツメイシがぱくっちゃった?シーン一覧

よる☆かぜのジャケ

ケツメイシよるかぜ ジャケット、アルバムver、台湾カバー

こちらはよる☆かぜのCDジャケですが、実はボン・ジョビのSlippery When Wetという曲のジャケ写をパロディーしたのでは?と言われています。

ケツメイシがパクリ、乗っかっちゃったシーンを紹介!

出典 Wikipedia

男女6人夏物語の曲名

出典 TBSテレビ

昔のドラマ?男女7人夏物語

ケツメンサンバの曲名

ケツメイシで一番売れたシングルさくらに収録されているケツメンサンバ。

当時は松平健がリリース&ギラギラの衣装で踊るマツケンサンバが流行っていましたが、ひっそりとケツメ、乗っかってるじゃん!と当時思ったものです笑

あなたに冷やし中華で大蔵がキレてないっすよの長洲小力のものまね

男女6人夏物語に収録されているあなたに冷やし中華。

隠れた名曲ですが、この曲中に大蔵が「キレてないっすよ」と、これまた当時流行ってた長洲小力のものまねが入ってます。

けっこうケツメは後から聞くと、えっとなるような時事ネタも盛り込みますw

このギャグ、友人や会社の人たちと会話しててキレてきた感じになってきたらいまだに使っちゃいますよね?

マジでライブする5秒前の曲名

広末涼子かわえぇえ~!!!

あ、取り乱しました。

いや、かわいいですねw

広末涼子ちゃんの(もうちゃんって歳じゃない)MajiでKoiする5秒前をもじったと思われる曲名をケツノポリス6の1曲目にぶっこんでます。

ケツメの良い所であって凄いセンスあるとこなんだけど、タイトルはふざけても中身はガッチリ真剣なんで曲自体はライブの一発目で使うほどかっこいいガチガチのラップ曲です。

2004年ツアー(DVD初級篇)のオープニング

この年は春にキムタク主演のアイスホッケーのドラマ、プライドが放送されていて、それに乗っかりライブの始まりの幕の中でホッケーで掻く仕草を3人が見せるオープニングがありました。

曲もガッツリプライドに流れてたI WAS BORN TO LOVE YOUが流れてて超時事ネタですね。

RYOさんも最初のトークの時に、今年は間違いなくアイスホッケーが来る・・メイビー!とドヤ顔ですw

2008年ライブツアー(DVD上級篇)のダンス

2008年ライブセトリ『ダンス』のサビで

弾むリズムでダンスダンスダンス♪

揺らす体がgood good good(グッグッグー)♪

というのがあるんですけど、当時グーググーググーで流行ったエド・はるみのモノマネを大蔵がやってます。

これも後から見ると何やってんの?というネタですが、ケツメイシはこういうのほんと多いんですよ(^^)

もっとありそうですが、とりあえずこんな感じで結構ケツメイシって乗っかるシーンは多いですよ。

ただ曲自体は真剣だしセンスであえて選んでるんでファンとしては何の違和感もないですね。

15周年ライブでポケモンGO禁止&解禁

15周年ライブではRYOさんのMCでピカチュウを無数に日産スタジアムに放ったがポケモンGOは禁止です!という告知でファンの心を掴むシーンがありました。

またライブ中盤ではその禁止したポケモンGOを解禁です!と言って沸かす場面もあり、当時爆発的トレンドで問題にもなったポケモンGOを思いっきり時事ネタとして扱っていましたね。

三代目ケツメイシ

ワンフィンガー メンバー

え?間の二代目は?と突っ込みたくなったファンが多い三代目ケツメイシオーディション。

自分たちのあとに継ぐようなグループをケツメイシ自らオーディションしプロデュースする企画で誕生したのが1FINGERです。

今となっては完全に1FINGERとして活動していますが、無名の彼らはしばしの間ライブで三代目ケツメイシのオーディションで集まったメンバーと紹介する場面も。

ただ三代目j soul brothersを明らかにパクったと見られる企画に、僕を含めなんだか複雑な気持ちになってしまったファンは多いはず。

ケツメライブ2017でのコント

団長に変装した大蔵が「大蔵さんだぞ?」とトレンディエンジェル斎藤さんのマネをしますw

そして今宵限りの・・というフリからのサンシャイン池崎の空前絶後の~!というやつも大蔵がやりますw

ケツメイシのライブでは毎回のようにトレンドネタをトークやコントに入れてきますので、掴みは抜群にいいですね。

間違いがないネタを入れて来るあたりさすが柴田さんの台本?と思います(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ