スポンサーリンク

みなさま明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますm(__)m

昨年は当ブログにたくさんのコメントありがとうございました。ただなかなか記事の更新ができず申しわけなく思っています(-_-;)

今年は2019年よりもブログ更新できるよう精進していきたいです!

というわけで2020年1発目はラッパーのR-指定さんがケツメイシの凄さについてラジオで語った話がありますのでそちらを紹介したいと思います。

夏の思い出

ケツメイシの夏曲といえば夏の思い出!と答える人が9割ではないでしょうか?この夏の思い出を最高だ!とR-指定さんがラジオで解説したわけです。

まずはメンバー紹介からスタートし、なぜケツメイシが売れたかを語っていきます。

ラップグループの曲がいいのはラップがうまいから。間違いない!

この曲はサビから始まってRYOJIさんのテクニカルなラップからはじまって、長めの韻を踏むというよりか細かい韻を気持ちよく後ろに繋いでいく感じなんですよね。

今から夏の楽しい旅が始まんぞ!みたいな感じでみんな集まって、2文字くらいの韻で細かくリズムを踏んでわかりやすく気持ちいいんだよね。

そして特筆すべきが2番のRYOさん。鼻にかかった鼻声みたいな声の人なんですけど、この人がま~ラップが上手い!めっちゃくちゃラップが上手い。なんでめちゃくちゃラップが上手いかというと、韻がね長くてめちゃくちゃ堅い。

長くて堅い韻を踏むしその踏むタイミングがめちゃくちゃ素晴らしい。長い韻を6(文字)66と長い韻をね文章としても繋がってるし韻としてもなげえみたいな。ギャルのとこなんか8文字8文字でも踏んでますしね。

で一番俺が好きなのはタイムですのくだりで口に出してカラオケで歌ってみればわかるけどめちゃくちゃ気持ちいい!なぜなら韻が堅くてタイミングが素晴らしいから。

でリリックもRYOJIさんの旅行が始まる、夏の旅に向かうぞってパート、海についてギャルとかにナンパしてあれちょっと恋とかエロいことあんのかなみたいなRYOさんのパート、そして3番目大蔵さんのパートなんですよ。

最後は夏の終わりというか恋が終わったあとのことを歌ってんすよね。

昔の過ぎ去ってしまった恋をフローのつけ方とリズムもすげえ良くて細かく刻んでいって3連ぽく踏んできてあ~そうくる!?みたいなね。

もういっかい3人のラップの上手さに着目して聴いてみてください(曲紹介)

R-指定

※途中歌詞などの説明は割愛しています。

YouTubeリンク⇒https://youtu.be/11cd6QguToM

即興ラップで有名なR-指定さんのケツメイシ解説はテンション上がりました!

なぜケツメイシが売れたのか?なぜケツメイシは気持ちいいのか?聴いてナットクな解説にファンである僕な嬉しくなってしまいました。

R-指定さんの解説を聴いてからよくよくケツメイシのリリックや韻を意識して聴くとたしかに気持ちいい韻の踏み方をしているし、とくにRYOさんのリリックはやっぱり天才的に聴いてても歌っても気持ちいい韻の踏みかたになっています。

しかも文章としても繋がっているので普通の曲を歌っているように見えてとんでもなくラップが上手いし気持ちいい歌い方をしてるんだなと感じます。

僕が昔好きで聴いていたDABOのアルバムをこれを意識して聴いてみるとRYOさんのほうが一枚上手かな?と思いました(あくまで個人的感想)

DABOもめっちゃ気持ちいいラップなんですけどRYOさんほどガッチガチに踏んでなかったように思えました。まあスタイルってのがあると思いますので素人がごちゃごちゃ言ってもですが、伝えたいのはRYOさんのリリックはやっぱりかなり凄いということです。

スポンサーリンク

高値の花

もう1つR-指定がラジオのエロ話?の流れからケツメイシの高値の花を紹介しました。

なにやら自分のこのときのモンモンした気持ちとケツメイシの高値の花がものすごくリンクした曲だったようです笑

ケツノポリス、ケツノポリス2、ケツノポリス3とシリーズものなのかな?と思えるエロ曲がありまして、ファーストのときはS/S、セカンドでこの高値の花、3作目で夜の天使っていうキャバクラの歌なんですけど、この高値の花はねサビも超最高。で音もねなんか超おしゃれな感じ。

でもメンバーのRYOさんがすっごい下品なラップをするんですよ。でだしから最悪な始まりかたするんですよ。中学生みたいな下ネタずっと言ってるんですよ。めっちゃアホ笑

でも最後は長いライムできれいに締めるっていうね。これ最高なんですよね。

R-指定

※途中歌詞などの説明は割愛しています。

YouTubeリンク⇒https://youtu.be/48wMCHcCCTI

高値の花はそうですよね!ぼくも最高に大好きな曲でカラオケでもよく歌います。

2番まではきれいな曲だったのに3番のRYOさんから一気に下品な歌詞が飛び交って歌ってるほうが恥ずかしくなる笑実際には大した解説はなかったんですが要はエロいモンモンとした気持ちを伝える最高な1曲ということですね笑

ケツメイシはRYOさんの韻でできている!?

R-指定さんの解説で何度もでてくるのはRYOさんのパートの説明。

あれだけラップの上手いR-指定さんだからやっぱりRYOさんのラップ構成には魅力を感じているんだと思います。

昔からケツメイシのファンは言わずもがなRYOさんのラップの上手さを知っています。ケツメイシでラップと言えばやっぱりRYOさんです。

RYOJIはラップが上手いというかはリズムよくキレイに仕上げるって感じで、大さんはシンガーしつつ要所でキメるって感じ。だけどRYOさんは常に韻を意識しててしかも意味としてもしっかりさせるって変態的几帳面さでバケモノって感じです。

鼻声風な声質でバケモノ感はあんまないですがその道の人からしたら恐らく一目置いたラッパーなはずです。

ケツメイシが情熱大陸に出演!内容紹介でも書きましたがRYOさんは歌とかに自信があるわけではないようですが詩を書くことは得意で、遊び感覚で曲をガンガン書いちゃいます。それが凄いことなんですよね。ケツメイシの曲でRYOさんパートを聴くとやっぱり抜きんでて韻がキレてますもんね。

母音子音で作れば曲は書ける風に紹介していますが、文章として上手く納められる言葉を見つけるのも並み大抵にはいかないはずし才能に溢れてますよね。

メジャーデビュー20周年に向けて曲制作も行われてるようですし、2020年大いに飛躍となる年になってほしいですね!

また当ブログも今年1年よろしくお願いいたします!m(__)m