ケツメイシ×ファンモンコラボ曲 ライジングサンはどんな曲?

スポンサーリンク

2011年9月に配信限定でリリースされたケツメイシとファンモンのコラボ曲。

その存在を知っている方はどのくらいいるでしょうか。

 

ジャパニーズヒップホップという基本的には同ジャンルの彼らは年齢差はあるものにライバルだったハズ。

ラップにボーカルという新鮮な風をもたらしたケツメイシに尊敬の念を描くであろうファンモン。

かたや売れに売れハイペースでヒット曲を生み出すファンモンに嫉妬の念を抱いていただろうケツメイシ。

 

両者がタッグを組んだ目的はなんなのか・・そしてどのような曲に仕上がったのか・・

紹介していきます!

スポンサーリンク

ライジングサンが希望の光となるように・・

ケツメイシとファンモンがコラボした理由は、

3.11 東日本大震災を受けて、ショックを受ける地元の方々を勇気づける為に作られた曲なんです。

 

勇気が湧いて来るような前向きなリリックを描いていくのが得意な両アーティストは、強い気持ちでライジングサンを作ったのです。

そして2011年9月10日の配信スタートと同じ日に1日限定でファンモン、ケツメイシがコラボライブするというとてつもないイベントが開催されました。

 

レコチョクで配信された楽曲は期間限定で配信されましたが、配信スタートから3日間連続デイリーチャート1位を記録

そして今回の配信での収益はすべて義援金として東北地方へ寄付しました。

 

 

もう、ほんとに凄いの一言です。

僕は本当にケツメイシ、ファンモンに感謝し、感動しました。

音楽の力って凄い、声に発して何かを訴えることがこんなにも勇気が湧いてくるものなんだと思いました。

 

ライジングサンを聴けば、歌詞カードを見ずとも耳に訴えてくる強いメッセージが、早いラップでもしっかりと入ってきます。

こんな力強くて素晴らしい曲はなかなかないと思います。

 

 

RYOJIの勇気を与える心地よい歌声、モン吉の身近な人に感じるあったかいラップ、全員で熱唱するサビ、大蔵のパンチの効いた安心する歌声、ファンキー加藤の真っすぐなリリック、RYOの復興への思いが詰まりまくったラップ、ケミカルとKOHNOのスクラップ・・

全員1つ、どこにいたってみんな1つだよという歌というのがビシビシ伝わってきて泣きそうになります。

 

何度も言いますが本当に歌詞が素晴らしいんです!

日出国に生まれて・・また行けるさ・・同じような痛みを抱えて・・

同じ時代を共に生きて・・同じ太陽を見つめて・・行こう行けるさ!

 

 


きっと日本人なら誰もが心に響く曲だと思います。

いま再び期間限定で配信されているのでもし良かったらダウンロードしましょう。

本当に素晴らしい曲だしダウンロードのみの配信なので今度いつ配信されるのか分かりません。

後でほしくなってももう配信されないかもしれないのでそこは言っておきますね!

 

配信期間は2016年2月8日~3月31日までです!

ケツメイシとファンモンの神曲ライジングサン、一度聞いてみてください。

歌詞カードはいらないと思いますよ。

しつこいですが、こんな素晴らしいリリックはそうありません^^

 

ケツメイシ×ファンモン みちのく力くらべライブのセトリと街並。

ケツメイシとファンモンのライジングサンはカラオケで歌う事ができる?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ