スポンサーリンク

【会場限定】ケツメイシ『お調子者で行こう/真っ赤な情熱』が発売!!

もうこのジャケットを見ただけで今回のツアー『KTM TOUR 2019 荒野をさすらう4人のガンマン supported by Sammy』で歌うってことがわかるよね笑

前回のツアーでも『人生劇場』が会場限定で発売されサーカスコントのあとに披露されました。

ジャケ写を見てもどうみてもこれはフラグ立ちましたね!

関連記事

会場限定シングルはライブ確定?

ケツメイシ 人生劇場を視聴!

六本木サーカス団ハッキリ言ってパーティーです!の時も人生劇場のジャケットがツアーコンセプトに合わせた感満載のタイトル&イラストとなっていて、やっぱりライブで使われました。

関連記事⇒ケツメイシ『人生劇場』の発売がツアー会場のみになった理由

そしてカップリングの『僕らの暮らしっく』も披露され、どちらも大盛り上がりの最高の曲でした!

今回の『お調子者で行こう/真っ赤な情熱』は人生劇場をしのいでもしのぎれないくらいライブでやる感出ちゃってます笑

今回も2曲ともライブでやると予想します。

 

CDの発売、配信はいつから?

3/30の静岡公演からCD発売されます!

一発目のツアーからなので安心してください。

追記

3/20から先行配信されることが決まりました!そして3/27に真っ赤な情熱も先行配信されます。歌詞サイトを見るとすでに歌詞は見れます。

これは前回の人生劇場のときもでしたね。

はい二度手間!ならぬ二度買いします笑

 

CD価格が意外と高い理由は?

どんだけ限定価値があるか分かんないですが2曲で1800円(税込)となっています。

MVやDVDがついてるわけでもないのに1800円はちょっと高いですよね。

その理由はツアーオリジナルバンダナが特典で付いているからです。

ケツメがavexに移籍してからのグチを語ってみるでも書きましたが、avexに移籍したケツメイシのリリースするCDはMV付きか否かが選べてそれが1000円か1800円かって感じですが、それをバンダナでカバーといった形となっています。

1800円ならちょっとしたミニアルバムが買えそうな価格設定ですが、荒野のガンマンのコンセプトにガッツリ乗っかれるという点はデカい!こんな限定グッズならぜったい手に入れたいですよね!

 

マーケティング的にもよくできてるなと思います。

クラブケツメイシ会員先行でグッズを購入した人もこのCDとバンダナを手にしたいため会場で並びを入れると思うので現場が盛り上がります。

グッズを一般購入で買う人もそんな列の並びを見て買いたい気持ちにさせてくれるでしょう。

さらに会場限定シングルだとしてもバンダナという付加価値をつけてあげるおかげで購買意欲を誘いますしケツメイシも儲かるのでウィンウィンですね(^^)/

スポンサーリンク

CDは会場でしか買えない?

上に書いたように3/20より先行配信でダウンロード購入できるので、最悪会場に行かなくても聴けます。またまずDVDも出るのでそちらでも聴けるでしょう。

また、あくまで予想ですが『お調子者で行こう』はなんらかのアルバムに入るかなと思います。真っ赤な情熱もタイアップがあれば入ると思います。

理由はケツノポリス11にて会場限定シングル人生劇場の全曲が収録されたからです笑

これはCDを買ったファンは困惑したところはあると思いますが後から買いたかったという人には朗報でした。

僕らの暮らしっくはMV公開され、さらに新曲発表!『僕らの暮らしっく』新聞CM曲に!でタイアップしたことを伝えましたが今回もそのうちユーチューブでMVが公開されたりするかもしれません。

そうしたらライブでも歌われる可能性がグッと高まりますしアルバム収録になる可能性も上がると思います。

関連記事

お酒でへべれけになる歌?

これは僕個人の予想ですが2019ツアーではウイスキーペンライト&ウイスキー1ショットグラスがグッズ販売されます。

これだけウイスキーグッズがあるってことは『お調子者』がお酒でへべれけになる歌なんじゃないかと勘ぐっちゃいます。

ウイスキーペンライトでウエーブしたあと大蔵が「かんぱ~い!」の合図をしお調子者を熱唱みたいな。あくまで予想なのでどうかな?

⇒3/20にリリースされ視聴しましたがぜんぜんお酒の歌ではなかったです笑

 

MVや動画公開は?

今のところ動画はアップされていません。

つながってや僕らの暮らしっくのようにavex公式ユーチューブでそのうちアップされるかもしれないので、注目して情報を見ていきたいと思います。

 

それにしても真っ赤な情熱のことでどうしても美空ひばりの真っ赤な太陽が浮かんでしまいます。

もしかしたら会場全体で歌える君色のような手拍子するようなゆったりしたリズムのラップがない歌の可能性もあるのでは?と思ったり。果たして”(-“”-)”

関連記事